味噌の賞味期限や保存方法を知っていますか?

更新日:

スポンサーリンク

お味噌が安売りされていると、ついまとめ買いしたくなりますよね。でも、賞味期限が気になるし、まとめ買いしても大丈夫かな・・なんて思ったことはありませんか?

また、一人暮らしの方は調味料の減りが遅いということもあるかもしれません。そんな時、なるべくお味噌の美味しさを損なわずに保存できたらいいですよね。

そこで今回は、味噌の賞味期限保存方法についてまとめましたので紹介します。

スポンサーリンク

味噌の賞味期限について

味噌は種類が多いため、賞味期限はさまざまです。

一般的に、麹の割合が高いものや、塩分の量が少ない味噌ほど期限が短くなります。

麹の割合が高くて塩分量の少ない、つまり賞味期限が短い味噌は、米味噌の場合は甘味噌で、麦味噌の場合は色が淡色の甘口味噌になります。

反対に、辛口になるほど塩分量が多くなるので、期限は長くなります。

 

※味噌の種類や麹の割合、塩分や主な銘柄についてまとめた表が、以下のリンクよりご覧になれます。

味噌の種類による違いを見分けよう。塩分や味噌汁のだしの相性は?

 

味噌はもともと保存食品なので、密閉包装をしていれば腐ったりすることはないようです。

ですが、一度開封するとどうしても品質や風味が少しずつ落ちてきてしまいます。

お味噌は風味が大切なので、記載されている賞味期限をめやすに使いきれるよう、購入するときは少量ずつ買ったほうがよさそうです。

全国味噌工業協同組合連合会が提示している賞味期限の基準は次のようになります。

米味噌
 甘 3~6か月
 辛口 3~12か月
麦味噌 3~12か月
豆味噌 6~12か月
調合味噌 3~12か月 
引用:柏井久深子編(1999)『味噌』P90 柴田書店

 

なるほど、米味噌の甘以外は約1年くらいが賞味期限になるんですね。1年が長いのか短いのかは使用する頻度の違いで人それぞれということになりそうです。

米味噌の甘口タイプを買うときは、記載されている期限内に使いきれる量か考慮したほうがよさそうですね。

スポンサーリンク

味噌の保存方法について

味噌は冷蔵保存がいいの?

味噌は、開封後は基本的に冷蔵庫で保存したほうがいいです。

なぜかというと、味噌は麹を使った発酵食品のため微生物が生きているので、なるべく空気に触れさせず、発酵を抑えたいからです。

空気に触れると雑菌(好気性菌)の繁殖を促してしまい、品質や風味が落ちてしまうのです。

また、開封前でもなるべく冷蔵庫に保存したほうがいいと思います。

味噌は温度が高くなると変色しやすくなり、長期保存するほどだんだんと色が濃くなっていきます。

 

下の写真は同じ銘柄の味噌を同じ日に買ったものです。上は冷蔵庫で保存下は常温で保存していました。(1~2ヶ月くらい保存していたと思います)

 

あきらかに色が変化しています・・・。違う種類のお味噌みたいですが、間違いなく同じ味噌です。保存方法が違うとこんなに変わるんですね!

ちなみに、きちんと密閉包装をして保存していれば、変色しても栄養成分が変わることはないのだそう。ただ、風味は落ちる可能性があるので、冷蔵庫で保存することをオススメします。

味噌は 冷凍庫での保存も可能です。およそ1年間を目安に保存できます。しばらく使わないという方は冷凍庫で保存もいいかもしれませんね。
 

 保存容器による保存のポイントは?

買ったままの容器でそのまま保存する人が大半だと思いますが、なかには袋詰めされた味噌を買ったり、家の容器に移し替える場合もあるかと思います。

そんなときも鮮度を保ちながら保存したいですよね。

ポイント
●袋詰めの味噌を使ったあとは、毎回袋の中の空気をできるだけ抜き、袋の口をしっかりと止めておきましょう。
●家の容器に移し替えるときは、味噌の表面にラップ紙を置きましょう。
●市販の容器で保存するときも、紙のシートは捨てずに被せたままにしておきましょう。

できるだけ空気に触れさせないように保存することが、美味しさを維持するポイントになります。もちろん保存先は冷蔵庫ですよ☆

 

「家にお味噌を入れておく容器がない...」という方は、こちらの『角型みそポット』はいかがですか?

こちらの『角型みそポット』は、きちんと密閉してくれる蓋が付いているので、お味噌の酸化や乾燥を防いでくれます。お味噌が長持ちしますよ♪
また、スーパーで購入したお味噌のパックごとこの容器に保存できたり、袋入りの味噌もそのまま袋ごと保存できて便利です。


 

●味噌の袋がふくれるのはなぜ?
袋詰めの味噌の袋がふくれる原因は、酵母の働きにより炭酸ガスが発生するから。品質に問題はないですが、できたら穴を開けてガスを逃がしたほうがいいようです。

●味噌の表面に出てきた水分はどうすればいいの?
味噌は45%の水分を含んでいます。その水分が味噌の表面に出てくることがありますが、うまみ成分を含んでいるので、捨てずに味噌と混ぜて使ってください。

まとめ

いかがでしょうか。「味噌の賞味期限と保存方法について」紹介しました。

開封前の味噌もなるべく常温で保存せずに、新鮮なうちに使いきれるように気をつけてみてくださいね☆

おすすめ記事

1

NHK「おかあさんといっしょ」の歴代人形キャラクターを年代別にご紹介します。可愛い着ぐるみマスコット達の歴史を感じ、懐かしい気分に浸りませんか?

2

スーパーなどの市販で買える美味しいチョコレートのおすすめを10品紹介します。値段が200円~300円代なので自分へのご褒美やちょっとしたプレゼント選びにもご活用ください!

3

いりぽん先生とは誰なのか、本名や年齢、職業などのプロフィールについて。また、いりぽん先生のYouTubeチャンネル「とんとんチャンネル」についてご紹介します!

4

5月5日は子供の日(端午の節句)ですが、子供の日に欠かせないものといえば「鯉のぼり」です。 今回は、鯉のぼりはいつからいつまで飾るのかについてご紹介します。 2019年の飾る時期や片付けるのに適した時 ...

5

今回は春の飾りつけにおすすめな、 折り紙で手作りする春の花(チューリップや桜)の立体飾りの簡単な折り方をご紹介します。 可愛くておしゃれなリースや花束が動画を見ながら簡単に作れます。 ぜひお子さんと一 ...

Copyright© 情報色々ドットコム。 , 2019 All Rights Reserved.