【高カカオチョコレート】市販の美味しいチョコの食べ方やメリット・デメリットなど

更新日:

スポンサーリンク

最近人気の高カカオチョコレートって、種類が豊富でどれを選んだらよいのか迷うことってありませんか?

そこで今回は、チョコ好きな筆者が市販の色々な高カカオチョコを食べてみて、

おすすめしたい美味しい商品を選んでみましたのでご紹介します^-^

口コミ情報や人気ランキングもありますよ♪

気になるカロリーや糖質、効果的な食べ方について、

さらに高カカオチョコのメリット・デメリットについても解説しています。

スポンサーリンク

【市販で売っている高カカオチョコレート】おすすめの美味しいチョコ5選

それでは早速、市販で売っているおすすめの高カカオチョコレートを5品紹介していきます!

【高カカオチョコレート市販】明治/チョコレート効果CACAO72%

 

明治の「チョコレート効果」は有名ですね^-^

実はこの商品が発売されたのは、1998年になるのだそうです。

そんな前から売られていたなんて驚きですね!

もうすでに食べたことがあるという人も多いかと思いますが、

やはりこれははずせない!ということで、紹介していきます^-^

 

香りを嗅いでみると、カカオの優しい香りがしてとても癒されます。

香りを嗅いだだけでは普通のミルクチョコレートとさほど変わりはないです。

味の方は、たしかに普通のチョコよりはカカオの苦みが感じられますが

甘さもそれなりにあるので、甘党の方でも美味しく食べられるのが人気の理由だと思います。

高カカオのチョコ選びに迷ったら、ますはこちらをおすすめします。

商品名チョコレート効果
(CACAO72%)
メーカー明治
店頭価格235円(税込)
内容量15枚(75g)
カロリー/糖質1枚当たり
28Kcal/1.6g
カカオポリフェノール1枚当たり
127mg
1日の摂取量(目安)約3~5枚程度

 

【高カカオチョコレート市販】森永/カレ・ド・ショコラCACAO 70

見た目の高級感に心躍るこちらの商品は

森永のカレ・ド・ショコラシリーズの「CACAO70」です。

私はカレ・ド・シリーズが大好きでよく食べるのですが、

>高カカオチョコレートも美味しいのでおすすめなのです。

 

21枚がキレイに並んでいます。

パッケージも個包装もブラックで、とてもシックな印象です^-^

 

香りは、先ほどの「チョコレート効果」に比べると少なめですが、カカオの優しい香りがします。

数種類のカカオ豆をブレンドして作られているそうで、とても風味が豊かなのが特徴的です。

苦味は少なめで優しい甘さも感じられます。スッとした口溶けが後味すっきりでおいしい。

シンプルに食べやすいから続けられる、そんな商品となっています。

商品名カレ・ド・ショコラ
(CACAO70)
メーカー森永
店頭価格356円(税込)
内容量21枚(101g)
カロリー/糖質1枚当たり
28kcal/1.8g
カカオポリフェノール1枚当たり
108mg
1日の摂取量(目安)約3~4枚程度

スポンサーリンク

【高カカオチョコレート市販】森永/カレ・ド・ショコラCACAO 88

森永のカレ・ド・ショコラシリーズより「CACAO 88」の紹介です。

ワイン色のパッケージに大人感が出ています^-^ハイカカオらしい素敵な見た目です

 

先ほどの「CACAO 70」と比べると、カカオ率の高いこちらのチョコのほうが色が黒いですね。

気になる苦味ですが、確かに甘さはかなり抑えられており苦味も感じますが、嫌な渋み・苦さはなく、後味はすっきりしています。

優しいカカオの香りが感じられますし、ビター好きな人には割と好まれる味なのではないかと思います。

ただ、甘党の方には少し抵抗感があるかもですね。

健康のためと割り切って食べられる苦さだとは思いますが、

どうしても苦手だという場合は無理せずカカオ率の低い70%から挑戦してみると良いかと思います。

商品名カレ・ド・ショコラ
(CACAO88)
メーカー森永
店頭価格356円(税込)
内容量18枚(86g)
カロリー/糖質1枚当たり
27kcal/1.0g
カカオポリフェノール1枚当たり
160mg
1日の摂取量(目安)約3枚程度

 

【高カカオチョコレート市販】ブルボン/アーモンドクラッシ<カカオ70>

ナッツ入りのハイカカオを楽しめるこちらの商品は、ブルボンの「アーモンドクラッシュ<カカオ70>」です。

筆者は小さい頃からブルボン商品が好きで色々買っているのですが、こちらも美味しいのでオススメです^-^

 

中身は1枚の板チョコタイプになっています。

大きめのアーモンドがぎっしり入っていて、

食べるとローストされたナッツの香ばしさがとても美味しいです!

カカオ率70ですがチョコに適度に甘さもあるので、

高カカオチョコレートを食べている感じがしないほど。

子供や甘党の方も美味しく食べれる味だと思います。

そのため、逆に食べ過ぎには注意したほうが良さそうです(笑)

商品名アーモンドクラッシュ
(カカオ70)
メーカーブルボン
店頭価格216円(税込)
内容量1枚(60g)
カロリー/糖質373kcal/12.4g

 

【高カカオチョコレート市販】ロッテ/おいしいハイカカオ72%

ロッテは高カカオチョコの商品が少なめですが、こちらの「おいしいハイカカオ72%」は、その名の通り美味しかったのでオススメします^-^

 

こちらの商品は、ガーナとドミニカ共和国の2種類のカカオ豆を使用して作られています。

外側の豆はガーナ産で「コク深かさ」を、内側の豆はドミニカ産で「華やかな香り」を表現しているそうです。2層構造になっているのが特徴です。

私は一瞬「外側がコクで内側が香り?逆じゃないの?」なんて疑ってしまいましたが(^^;)

食べたら分かりました。噛んでいるとカカオの良い香りがフワーっと広がり、美味しさがより増す気がします。

苦みは少なく優しい甘さも感じるので、甘党の方でも美味しく食べることができます。

商品名おいしいハイカカオ
72%
メーカーロッテ
店頭価格235円(税込)
内容量14粒(55g)
カロリー1粒当たり
25kcal
カカオポリフェノール1箱当たり
1020mg
1日の摂取量(目安)約5~6粒程度

スポンサーリンク

高カカオチョコレートのメリット・デメリットについて

高カカオチョコレートのデメリットは、以下のようになります。

デメリット

・普通のチョコレートに比べて脂質量が多く、カロリーが高い

・カカオ豆自体に「テオブロミン」による利尿作用や、「カフェイン」による興奮作用がある

・アレルギーを起こす可能性のある食品

(参考元URL:http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20080206_2.html

このような理由があげられます。

そのため、特に高カカオを食べる際には摂取量に注意して、取り過ぎないようにしたほうが良いのです。

高カカオチョコレートのとりすぎに注意したほうが良い人

・子供・妊婦・お年寄り

・利尿薬、テオフィリン等の気管支拡張薬を服用している人

・金属アレルギー(ニッケルアレルギー)の人

これらにあてはまる人は、摂取量に注意しながら食べるようにしてくださいね☆

 

それでは次に、高カカオチョコレートの身体に嬉しい影響・メリットを紹介します。

メリット

・便秘解消に有効

・ダイエット効果

・高血圧解消に有効

・脳が若返る

・リラックス効果 etc...

高カカオチョコレートを効果的に取り入れることで、このような嬉しいメリットが期待できます。

ぜひ賢く取り入れてみてください☆

高カカオチョコレートの効果的な食べ方

上記のメリット・デメリットを踏まえた上で、

高カカオチョコレートの効果的な食べ方をご紹介します。

 

高カカオチョコレートに含まれるポリフェノールは身体に貯めておくことはできず、

24時間後にはほどんと体外に排出されてしまうとのこと。

そのため、高カカオチョコレートの効果を実感するためには、毎日コツコツと食べる必要があります。

 

高カカオチョコレートの効果的な食べ方

高カカオチョコレート(CACAO 70%程度)を約25gを1日数回に分けて食べるのが望ましいとされています。

ただし、上記に記載されている「とりすぎに注意したほうが良い人」に当てはまる方は、これより少なめの量を摂取するようにしてください。

 

普段私達が食べている食事の中にもポリフェノールは多少含まれています。

なので、高カカオチョコレートで摂取するカカオポリフェノール量を1日25gとし、

「普段の食事+高カカオチョコレート」でポリフェノールを摂取することが理想的です。

 

明治の「チョコレート効果」だと

CACAO 70%だと1日3~5枚程度

CACAO 86%だと1日3~4枚程度

CACAO 95%だと1日2~3枚程度

が理想的な摂取量でしょう。

 

高カカオチョコレートのカロリーと糖質

厚生労働省の調べによると、

「間食によるカロリーの適量は1日200kcal程度

ということでした。

では、毎日コツコツと食べる必要のある

高カカオチョコレートのカロリーは何Kcalになるのか?

気になるという方も多いはず。

 

明治「チョコレート効果」のカカオ率によるカロリーを比較してみた!

「cacao70%」のカロリーは1枚で28キロカロリーで、糖質は1.6gです。

5枚食べると140キロカロリーで、糖質は8g。

 

「cacao86%」のカロリーは1枚で29キロカロリーで、糖質は1gです。

4枚食べると116キロカロリーで、糖質は4g。

 

「cacao95%」のカロリーは1枚で30キロカロリーで、糖質は0.5gです。

3枚食べると90キロカロリーで、糖質は1.5g。

 

カカオ率が上がるにつれてカロリーは若干増え、

糖質は下がるという結果に。

これならダイエットをしている方でも毎日取り入れることができますね!

 

高カカオチョコレートの人気ランキングと評価・口コミ

ここでは、Amazonで購入された方の星の評価を参考にした人気ランキングをご紹介します。

口コミ評価もそれぞれ載せていますので、参考になさって下さい!

カレ・ド・ショコラCACAO70

評価・口コミ

疲れた時
ガッツリ食べる気がしないけど、なんか血糖値下がった気がする時に食べたら…本当にエネルギーになります。お薦めです。

大好きです!
何度もりぴしております^^ダイエット70%以上がいいと1日2枚ずつ食べ始めましたが 結構長続きしてるのは純粋においしいからだと思います^^

 

チョコレート効果CACAO72%

評価・口コミ

女性向け?
同メーカーの86%、95%も食してみました。知人等にも食べてもらい感想ですが、一番食べやすかったのは72%でほどよいしっかりとカカオの味と甘さがあり食べやすかったです。女性が一番多く好んだのが72%でした。

明治チョコレート効果カカオ72%
健康を意識して購入しました。カカオ70%入りのチョコレートだったので購入しました。便通にいいみたいですよ。

 

カレ・ド・ショコラCACAO88

評価・口コミ

高カカオなのに食べやすい
今まで明治のチョコレート効果カカオ86%を苦いのを少し我慢して食べてましたが、こちらのほうが苦みもなく、口どけもよく食べやすいです。

合わなかったみたいです
甘いのが苦手なので
いつもはチョコレート効果カカオ95%を好んで食べているのですが
こちらの商品の方がポリフェノール量が多いので購入してみました。
ですが香りも良くなく自分には甘すぎて後味も悪かったです。
一枚だけ食べましたが胃がもたれた感じがしたので残りは家族に食べてもらいましたが
口に合う人がいなくもったいないですが捨てる事になりました。

 

高カカオチョコレートの関連記事

関連記事
美味しいチョコレートのおすすめ10選♪スーパーなど市販で買えます!

スーパーなどの市販で買える美味しいチョコレートのおすすめを10品紹介します。値段が200円~300円代なので自分へのご褒美やちょっとしたプレゼント選びにもご活用ください!

関連記事
【ホワイトチョコ】人気!市販で売っているおすすめの美味しいお菓子5選

スーパーなどの市販で売っている人気のホワイトチョコレートのお菓子を5品紹介します。しっとり生チョコからサクサクした食感のお菓子まで幅広くご紹介しています!

ありがとうございました!

おすすめの高カカオチョコレートの紹介は以上になります。

美味しいチョコレートを食べて、楽しく健康になりましょう♪

☆これまでの関連記事は下の方からorチャンネル名よりご覧になれます☆

おすすめ記事

1

NHK「おかあさんといっしょ」の歴代人形キャラクターを年代別にご紹介します。可愛い着ぐるみマスコット達の歴史を感じ、懐かしい気分に浸りませんか?

2

スーパーなどの市販で買える美味しいチョコレートのおすすめを10品紹介します。値段が200円~300円代なので自分へのご褒美やちょっとしたプレゼント選びにもご活用ください!

3

いりぽん先生とは誰なのか、本名や年齢、職業などのプロフィールについて。また、いりぽん先生のYouTubeチャンネル「とんとんチャンネル」についてご紹介します!

4

5月5日は子供の日(端午の節句)ですが、子供の日に欠かせないものといえば「鯉のぼり」です。 今回は、鯉のぼりはいつからいつまで飾るのかについてご紹介します。 2019年の飾る時期や片付けるのに適した時 ...

5

今回は春の飾りつけにおすすめな、 折り紙で手作りする春の花(チューリップや桜)の立体飾りの簡単な折り方をご紹介します。 可愛くておしゃれなリースや花束が動画を見ながら簡単に作れます。 ぜひお子さんと一 ...

Copyright© 情報色々ドットコム。 , 2019 All Rights Reserved.